スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当、2~3,000円増額?

どうもです。

オータムジャンボをいつものように、家族の人数分(3枚)買ったえーしーです。

いつもは私のお小遣いで買いますが、今回は私の懐が寂しかったので 家のお金で買わせていただきました。

そして一応、「誰々はこれ」と1人1枚選び、それぞれのサイフに入れました。(チビえーしーのは私が預かっています)

でも、これで万が一大金が当選してしまったら、「私が選んだんだから、私のお金だ!」「いやいや家族みんなのお金だ!」とトラブルが発生しそうでドキドキしますね。
当たらない方が幸せかもしれません。


さてちょっと前ですが、ヤフーのニュースで「<子ども手当>2000~3000円増額…来年度支給で検討」の見出しを見つけました。

その記事を貼ると、

<子ども手当>2000~3000円増額…来年度支給で検討

 政府・民主党は、11年度の子ども手当の支給額について、今年度の月額1万3000円(中学生以下1人当たり)から2000~3000円積み増し、1万5000~1万6000円とする方向で検討に入った。所得税などの扶養控除廃止の影響で、現行支給額のまま据え置けば負担増になる世帯があるため、増額が必要と判断した。

 民主党の調査会の試算によると、扶養控除の廃止により、年収800万円以下で子どもが3歳未満の世帯では負担増となる。6000円増やせば負担増の世帯はなくなるが、新たに1兆2000億円の財源が必要で、実現は困難との見方が多い。

 政府・与党内には負担増の世帯に限って増額する案もあり、財源は2000億~3000億円に圧縮できる。だが、「すべての子どもを平等に社会で育てるという理念に反する」との声が根強く、一律2000~3000円とする案が強まっている。負担増の世帯は一部残るが、党政調幹部は「中学校卒業まで支給すれば、全体で増額になる」と指摘する。ただ、一律2000~3000円とする案には新たに4000億~6000億円が必要。しかし、財源のめどは立っておらず、年末までに政府内で調整を続ける。

 一方、保育所サービスなど現物給付については、13年度スタート予定の新制度「子ども・子育て新システム」の中で実現を目指す。12年度までは、国費で各都道府県に設置した「安心こども基金」を財源に、市町村の裁量で実施できるよう10年度補正予算案に1000億円の増額を盛り込む。


とあります。

でも私、正直扶養控除がどうの、っていうのがいまいち理解できずにいました。

今回検索でいろいろ調べて少しだけわかったので、自分の記録のために書いておきます。

・控除といっても、扶養控除と配偶者控除がある。(2011年に廃止されるのは、扶養控除の方だけ?)

・扶養控除といっても、所得税の扶養控除が廃止されるだけで、住民税の扶養控除はまだあり?

・所得税の扶養控除とは「現在15歳以下の子供に対して38万円の扶養控除を差し引くことができる」ということ。これが廃止になる。(手取りが38万円減るということでは決してない)

・所得税の税率はこちら

・我が家は所得税20%の区分なので(これを書くとおおよその年収がバレますが)、38万円×20%=7.6万円の増税となる。

・子ども手当が年間1.3万円×12=15.6万円もらえるので、実質プラスになるのは15.6万円-7.6万円=8万円、つまり1年間で8万円収入プラス。

・来年もし子ども手当が2~3,000円増額された場合は、1年間で10.4万円~11.6万円のプラス。

・つっても、もともと児童手当で年間6万円もらっていたんだから、実質のプラス金額なんて本当にショボいもんなんじゃないの?ということがよくわかった。



こんな、感じです。

実質子ども手当の恩恵を受けれたのは今年だけ、ってことですね。

それなのに、よく理解せずに「毎月13,000円入るんだから、子供のために使ってあげよう」「これで習い事でもさせてあげよう」となった場合は、逆に収支はマイナスになり、その考えは危険ですね。

我が家も計算してみて(この計算があってるかどうかわかりませんが)、予想以上の残念な結果にちょっと愕然としました。

でも、わかっただけよしとします。

今日の一言。
「これから、子ども手当もらっても嬉しいとは思えなくなってしまったわ・・・」



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

児童手当をもらっていた頃のことを考えると実際は2万円+になっただけですよね~(笑)何の足しにもなっちゃいねぇよ・・・と突っ込みいれたいです。

便乗商法に乗せられるようなマヌケにはならないように気をつけねばです。

職場のボスは子ども手当てにウハウハしてました(笑)

さなえさんへ

さなえさん、こんばんはっ!

児童手当時代と比べて(我が家の場合)プラス2万って~!って感じですよね。1ヶ月で、じゃなくて、1年でですもんね。

少子化対策かわかりませんが、これじゃあとてもじゃないけど安心して子供は産めませんね。

さなえさんとこのボスはウハウハしてましたか。
来年もウハウハしていたら、教えたくなってしまいますね。
でも、元々お金持ちならそのまま気持ちよくウハウハしてもらってたほうがいいかもですね!(笑)

貴重な情報ありがとうございます。
住民税では控除されるかもなんですねー^^

ほんと、最初のとおり2.6万/月だとよかったんですけどねー。

できればこういう政府の政策で右往左往しなくてすむアッパーマス層に
早くのぼりたいです^^

財務省HPのH22年度税制改正のパンフレットを参考にしてくださいな。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/zeisei10/pdf/p04-05.pdf

そこにある図のとおり、給与所得者(特別徴収いわゆる給与天引き)の場合、年少扶養控除の廃止の影響があるのは・・・
所得税の増税分が平成23年の1月のお給料から。
住民税の増税分は平成24年の6月(か7月)の給料からです。
なぜこのようなずれがあるかというと、所得税は当年分の所得に見合う分をその年の毎月の給料から天引きし、最後に年末調整で精算します。
住民税は、前年の確定申告終了後に前年分の確定した所得について課税してくるので、その年の6月から翌年5月まで徴収される分はその前年の所得で(税制)で徴収するのです。
だから、今平成22年10月のお給料から天引きされる所得税は平成22年の所得にかかる所得税の前払い、住民税は平成21年の所得について課税された住民税で後払いみたいな感じになっています。
この表現では正確ではないかもしれませんが、そんな感じです。

それが、個人事業主や普通徴収(会社員でも給与天引きしていない方)になると平成23年分の所得税は平成24年の春に、住民税も24年の春に払うことになりダブルパンチでへろへろになったり、ようやくその頃になって、この制度のずるさを実感したりする羽目になるのです。
さなえさんとこのボスもそのころになってようやく気がつくかも???

なにはともあれ、子供手当と扶養控除の改正は評判悪いですね。
私もアッパーマス層にのぼりたいなぁ♪
アッパーマスって、金融資産がいくらから???

MURAMASAさんへ

MURAMASAさん、おはようございますっ!

>住民税では控除されるかもなんですねー^^

これなんですが、これだけ調べてもよくわからなかったんです。
「所得税だけでなく、住民税でも扶養控除廃止を検討」と書かれている記事はだいたい2009年の記事でたぶんその頃は子ども手当が月額2.6万円もらえる予定だった頃の話なような・・。

と思っていたんですが、りんごさんの貼ってくださったpdfを見ると、「個人住民税についても同様の措置が講じられています」と書かれているので、結局H.24年6月からは負担増、なんですかね。
だとしたら、さらにため息です(というか怒りすらフツフツと・・^^;)。

>できればこういう政府の政策で右往左往しなくてすむアッパーマス層に
早くのぼりたいです^^

まったく同感です!!!
これを励みにモチベーションアップですね!

りんごさんへ

りんごさん、おはようございますっ!

財務省HPのリンク、ありがとうございました!
ってことは、結局住民税でも扶養控除が廃止になりH.24年の6月からはさらに負担が増すわけですね・・。

なんかこれって さなえさんもおっしゃってましたがホント悪徳ですね。

お金に無頓着な、増税を知らない人は子ども手当という目の前の現金を「もらった分だけプラス」と思いすべて使ってしまうかもしれません。
使ってくれた方が「貯金」より経済はよくなるかもしれませんが、でもなんか詐欺まがいですよね。

>アッパーマスって、金融資産がいくらから???

ズバリ、金融資産3000万円~5000万円未満です!
よかったら昔書いた記事を読んでみてください^^

http://cocoronosemiritaia.blog59.fc2.com/blog-entry-117.html
(↑日記のタイトル:裕福層って資産いくらの人??)

我が家の当面の目標は「抜け出せ!マス層  飛び出せ!その他大勢!!」なのです!(せつない・・)
プロフィール

えーしー

Author:えーしー
どうもです。

南アフリカの政策金利はわかるのに、魚の名前はさっぱりのぐうたら主婦えーしーです。

現在子供1人(小学4年生)の3人家族。

パート勤務。

体を動かすことは大好きなくせに、家の中ではまったく動かない。

料理苦手。掃除苦手。

そんな私が資産運用をしたらどうなるのでしょう~。

基本的に運用は長期を考えています。
投資を始めたら10年後20年後、どうるのか気になりませんか?
それくらい長く続くブログにしたいです。

ランキングに参加中です。
気が向いた方は押してやって下さいね
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへ

カテゴリ
便利なネット銀行・住信SBIネット銀行
改悪イーバンク銀行から乗り換えました
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
フリーエリア
リンク
各国の政策金利
えーしーの利用口座その① 外為どっとコム
何がいいって1000通貨取引ができるところです。スワップの振替機能も便利です!
外為どっとコム                                                         まずはバーチャルから↓↓
えーしーの利用口座その②  ヒロセ通商
こちらも1000通貨から取引できます。そのうえ手数料無料。通貨ペア多数です。
えーしーの利用口座その③ セントラル短資
今は、資金がなくなったので私の口座は眠っておりますが使い勝手・会社の信用力抜群です!旦那がこの口座で頑張ってます。
えーしーの利用証券会社 楽天証券
2009.10月より投資信託に毎月1,000円から積み立てられる「ミニ積立」が始まりました!
えーしーの利用証券口座 SBI証券
単元未満株が買えるS株が人気です!
何か買うって?ちょっとその前に!!
ちょいお待ち!何か買おうとする時は、その前に!!オークションで同じ物がないかを探してみよう!
読みたい本があるときは・・
まずは図書館、それでもなかったらここ! ↓↓↓
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。