スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山崎豊子『沈まぬ太陽』

どうもです。

ひっさしぶりに、「お金」や「投資」とは関係のない本を読みました。

山崎豊子著『沈まぬ太陽』です。




これは大昔に知人がオススメだと言っていたのを何故かずっと覚えていて、ずっと読みたいと心の片隅で思っていました。

最近本と言えば「お金」がらみのものばかり読んでいるので、ちょっと久しぶりに他の本を読みたくなったんです。

全部で5冊からなる、かなりの長編でしたが、それでも夢中で読んでしまいました。

本の最初には

『この作品は、多数の関係者を取材したもので、登場人物、各機関、組織なども事実に基づき、小説的に再構築したものである』

と書かれています。

去年破綻した日本航空(JAL)について書かれたものです。

政治との密着、天下り、正直ここまで腐っているとは思いませんでした。

5冊を夢中でアッという間に読みましたが、その間、涙を流すことはあれど一度もクスリとも笑うことはなく、「腐っとる。腐っとる」と何度も心で叫びました。

一生懸命やっても、こんなにも報われないことが世の中にあるのか、と・・。

潰れたのは、当然。むしろ遅すぎ。

破綻後、政府の懇願に応じ日航会長に就いた京セラ創業者の稲盛和夫氏は3月の記者会見で、


「日航の経営陣の考え方では、八百屋の経営もできない」 


と言ったそうです。

この本の話の時代から何年経っても、やっぱり変わっていないんだな、と思わせる一言です。


著者があとがきで『巨大な組織であり、政治と結びついている航空会社の力は、予想を遥かに越え、個人の力など巨像の前の蟻に等しい。一時は挫折しそうになった』と書いていますが

本当に、この本を書くためにどれだけの時間を費やしたんだろうと思われる、深い一言でした。


今日の一言。
「去年、JALの株買わなくてよかったーーー!!(←これは私の浅~い一言)




ランキングに参加中です。
気が向いた方は押してやって下さいね
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「児孫のために美田を買わず」

どうもです。

4日の新聞に書いてあったのですが、子ども手当、一律2~3,000円の増額案を見送り(ガーン!)、3歳未満の子どもに7,000円増額し2万円とする方針を固めたそうですね。

みんなに一律増額するより、3歳未満に限定した方が負担が半分ですむみたいですね。

ちなみに、この増額分のお金をどこで工面しようか、というと、それは配偶者控除を見直すことによってらしいです。
所得税と住民税の配偶者控除に所得制限を設けて、年間所得が1,000万円を越える納税者は控除の適用から除外することを検討しているみたいです。(決まったわけではありません)

なんか、子ども手当ても税制も、迷走に迷走をしていますね。

結局我が家は、来年からは子ども手当をもらったところで、児童手当をもらっていた時と比べて年間2万円もらえる金額が増えるだけ。
いや、住民税の扶養控除廃止の方の計算はまだしていないので、結局のところ、なんのいいこともないという可能性が高くなりました^^;

よかった・・。
せめて選挙の時に民主党に入れなくてよかった・・・。そんなことを思う今日この頃です。


さて、前回から引き続き本多静六さん著『私の財産告白』についての話です。

この著者・本多静六さん、多額の財産を築き上げるのですが、ある年齢に達した時に、その財産のほとんどを寄付してしまいます。

子供に残しても、子供のためにはならない、ということです。

これってすごくないですか?

普通なら、親っていうのは「子供のためにはならない」と、たとえ頭ではわかっていても、なんだかんだいって子供に残そうとしてしまうものではないでしょうか?

でも静六さんは(以下「六さん」と呼びます)、それはかえって子孫を不幸に陥れるものだということに気付いたというのです。


以下引用

「幸福とはなんぞや」という問題になると、少しやかましくなるが、それは決して親から譲ろうと思って譲れるものでなく、またもらおうと思ってもらえるものでもない。
畢竟、幸福は各自、自分自身の努力と修養によってかち得られ、感じられるもので、ただ教育とか財産さえ与えてやればそれで達成できるものではない。
健康も大切、教育も大切、しかし、世間でその中で最も大切だと早合点している財産だけは全く不用で、それよりももっと大切なのは、一生涯絶えざる、精神向上の気魄、努力奮闘の精神であって、これをその生活習慣の中に十分染み込ませることである。


引用終わり


ふー。文中の「気魄」の読み方がわからなくて漢字が出てこず、この「魄」の字を出すのに10分ほどかかりました^^;

でもそんなどうでもいいことは置いといて、私にはすごく考えさせられる言葉でした。
六さんの言うことは、まったくその通りだと思います。正しいと思います。

子供には、子供のためを思ったら「物やお金」を与えるのではなく「自分で生き抜く力を身に付けさせてやること」だとはよく言われていますが、
ただ、正しいと思っても、自分が将来多額の財産があったなら、自分が実際それをできるかは、正直自信がありません。
もしかしたら、「かわいい子供のために残してやりたい」と思うかもしれません。
自分が築き上げたお金をかわいい子供に残さず、何かに寄付することができるのか・・・。

でも六さんは自分が正しいと思った考えを、本当に実行したのです。
それが本当にすごいところだと思いました。

将来お金持ちになる(予定)の我が家も、しっかり考えておかなくてはいけないテーマだと思います。


すごいよ六さん。


今日の一言。
「かっちょええよ、六さん!」




ランキングに参加中です。
気が向いた方は押してやって下さいね
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

貧乏の「三カク」

どうもです。

34才だけど、ギリでアラサーに入れるはず!と考える自称「アラサー」えーしーです。

さてさて、パートの休憩中、意外に休憩室内は静かで私はヒマ過ぎて寝てしまうこともしばしば。
これはもったいなさ過ぎる!とこれからは休憩中に本を読むことにしました。

でも・・・

例えば『私の財産告白』とかいう題名の本を読んでいたら・・・
しかも「すげータイトルの本読んでるな」と思われつつも突っ込みを入れられなかったら・・・

それはちょっと恥ずかしいです!

つーことで、オークションで本のカバー(手作り品)を落札しました↓↓
本カバー

これでこれからは、おもいきり好きな本が読めます!ちょっとわくわくです。
ちなみに先日、このカバーを使って初めて休憩中に本を読んでみたら、10ページ程で寝てしまいました!(結局寝るんかい!)



さて話は変わって、読んだ本『私の財産告白』の本の話です。

この著者の本多静六さん、若いときに

『四十までは勤倹貯蓄、六十までは勉学著述、七十まではお礼奉公、幸い七十以上生きられたら。居を山紫水明の温泉郷に卜(ぼく)し、晴耕雨読の生活を楽しむこと』

という人生計画を立てたらしいです。(もうこのへんから普通の人と発想が違いますね)
そして実行しています。

その著書の中で今日は心の残ったことの、いくつかのうちの1つ目を書きたいと思います。

それは・・「三カク」生活に陥るな」です。

以下引用

貧すれば鈍するという。これも事実である。人は貧乏してくると、ただ自分自身が苦しいのみならず、義理をかき、人情をかき、したがってまた恥をかく。俗にいう「三カク」となってくる。他人にも迷惑を及ぼし、心ならずも嘘をつくようになり、ついには世間の信用をも全く失うに至るものである。
~中略~
貧すれば鈍するが、鈍すればさらにまた貧する。


引用終わり

これ、もちろん貧乏だったら全員そうとは思いません。
金持ちにだって人情のない人はいると思うし、お金のない人にだって人情に厚い人はいると思います。
でもやっぱり、「貧すれば鈍する」人の方が多いんじゃないでしょうか。

そして、これからもっと不景気が続き、貧富の差が激しくなってきたら、ますます増えるんじゃないでしょうか。

私は、「三アル」金持ちになりたいです。


今日の一言。
「義理があって、人情があって、恥がある。アレ?恥がある??」



ランキングに参加中です。
気が向いた方は押してやって下さいね
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

『私の財産告白』本多静六

どうもです。

先日の日記でも書いた「サラリーマンは2度破産する」の本を買った時、同時に他にもいくつか本を買いました。
そのうちの1つが今日の日記のタイトルにある本多静六著『私の財産告白』です。





これもいつか読みたい!と、ノートにメモってあったものなのですが、確かMURAMASAさんがブログで紹介されていたものだったと思います。

いつか読みたいと思ってはいたものの、でもどんな本なのかはよく知らずに読んだのですが、この本・・・

かなりよかったです!!! 

そもそもこの本、2005年に新装版として発行されているのですが、もとはナント昭和25年に書かれた物です。

でも表紙の裏に

現代を生きるわれわれに
いまなお鮮明に響く、
日本が生んだ
最高の「お金持ち哲学」。


とあるように、本当に「いまなお鮮明に響く」と私も思います。

何十年も前と今では、こんなにもいろんな物が進化して時代もだいぶ変わったのに、やっぱりいつの世でも、どんな時代でも「変わらない大事なこと」ってのがあるんだ、むしろ逆に「大事なことはいつの世でも、どんな時代でも変わらないんだ」と思いました。

結局は節約・倹約が大事。
収入の4分の1は天引きして貯金せよ、臨時収入は全て貯金せよ。

と王道中の王道のことが書かれているのですが、それでも本の中には著者の人生観が多く語られ、それがまたすごく心に響きました。

心に残ったことがたくさんあったので、それらを何回か日記にわけて自分の記録のためにも書きたいと思います。

久しぶりにいい本に出会えました。これをただ読んだだけでは終わらず、少しでも自分の身につくように、そして少しでも成長できたら、と思います。

クックパッド的に言うと、「リピ決定」。(っていうとなんだか薄っぺらいですけど!)
定期的に読み返したい本です。

今日の一言。
「ただ難点も。時代が昔過ぎて(月給が何十円とかいう時代)、いまいち金額を言われてもピンときましぇーん」


ランキングに参加中です。
気が向いた方は押してやって下さいね
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

私も断捨離

どうもです。


もうかなりブームになっていますが、そのブームに乗って私も「断捨離」に挑戦中です。


始めはあさひさんの日記で知ったのですが、あちこちの日記で書かれているのを見てかなり興味が湧き、久しぶりに定価で本を買ったんです。

私が買ったのはこの本↓




これを読んだ時、「今度こそ私も片付けられる人になれるかもしれない!」という希望とやる気がふつふつと湧いてきました。

そしてりんごさんも2冊読んだと日記に書いていらっしゃったので、もう1冊の方の感想を聞いたところ、

な な なんとー!!

りんごさんが私がまだ読んでいない方の本をプレゼントして下さったのです!!!
本当にありがとうございました!すごく嬉しかったです!!

その本がこちら↓




例えば、貯金体質の人からしてみたら、
・収入の範囲内で暮らす
・支出を把握する
・無駄なお金は使わない
・欲しいものができたら買う、ではなく、欲しいものができたらそのためのお金を積み立てる
など、当ったり前にわかることですよね。

この本も、たぶん普段から家が綺麗でシンプルに暮らしている人からしてみたら、もしかしたら「当ったり前」のことばかり書かれているかもしれません。

だけどそれができていない私にはまさに目からウロコでした。

断捨離とは

・「断」=入ってくるいらないものを断つ
・「捨」=家にはびこるガラクタを捨てる
・「離」=モノへの執着から離れ、ゆとりある“自在”の空間にいる私

という意味らしいです。

そう、私の家は、そんなつもりはなかったけど、要らない物・使用しない物であふれかえっていたのです。

ということで、私も私なりに断捨離に挑戦中です。ほんの少ーしずつですが、「あ、これは要らない!」と思ったものは捨てたり人にあげたりしています。
普段本をまったく読まない旦那もこの本だけはなぜか読んだので

「断捨離的には『捨て』やな」

とか現在この「断捨離的には・・」というのが夫婦間でブームになっています。

でもあまりにも少しずつのペースなので、家の中を振り返ると、全く綺麗になっていません!

怠け者は、本を読んだくらいではなかなか治らないようで^^;
相変わらずの汚部屋です^^;

しっかり実行されているあさひさんやりんごさんと比べると、「自分はなんてダメ人間なんだ。そういえば『失敗した人が読む最後のダイエット』みたいな名前の本を読んだときも、ちっとも変わらなかったな・・私」と自己嫌悪にもなります。

だけどやっぱりすっきりした家に住みたい!!

今日も私の断捨離への挑戦は続くのでした。


今日の一言。
「もう1回読んでモチベーションを上げよう!!」



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

サラリーマンは2度破産する

どうもです。

子供に強制的に半分残させたアイスを食べたいのを必死でこらえているえーしーです。

ちょっと前までは食べてたんですけどね(←鬼)。

最近は、しっっっかり覚えているので、さすがにできなくなりました。


さてさて、今日の日記のタイトルは読んだ本の題名です。

『サラリーマンは2度破産する』

「人並みの給与所得。子どもがいる。住宅ローンがある。生命保険に入っている。これらにあてはまったら、あなたの家計は危なすぎる。二極化といわれるが、家計のリスクが高いのは実は「中の上」の家庭。十分な貯蓄がなければ、定年後、確実に破産の時がやってくる。1万件以上の家計見直し相談を受けてきた著者が、家計のコストカットのプロの手法を初公開。今からでも遅くない、人生の立て直し。」

とあります。

私はこの本を何で知ったのかはもう忘れてしまいましたが、読みたい本があった時はノートにメモをとっています。
最近、あまり本を読んでいなかったのと、ケア○ネ試験からの現実逃避のため、無性に本が読みたくなり、イーブックオフ
で何冊か本を買いました。

この本もその何冊かのうちの1つです。(しかもすべてお金に関する本という、すごい偏り^^;)

ライフプラン・人生設計の入門書のような本です。
苦になくサラサラ読めました。
が、もうすでにこの手の本は何冊か読んでいるので、特に目新しいことはなく、「つまらない」とは全然思いませんでしたが、読み終わってみると「内容を全然覚えていない^^;」というのが感想(!?)です。

ただ思ったのは、幸い我が家にはローンなどの負債はないし、ある程度の生活防衛資金は貯まっているしで、まぁ健全な家計の方かなーなんて自分では思っていましたが、やっぱりお金がかかるのは「これから」ということです。

子供が小さい今は、余裕があって「当ったり前」なのです。

子供が中学・高校になったら同じようには貯めれないのです。

たしかにパート先の人が言ってました。
「子供が大きくなったら、出て行くお金の桁が違うよ。マジで」と・・・。

しかも15年後くらいともなると、自分たちの親が介護が必要になっているかもしれません。
最近はなかなかポックリとは逝けない世の中です。

もっとも子供にお金がかかる時期と、親の介護が重なるかもしれないのです。(ちなみに私はこれを勝手に『15年後危機』と名付けて呼んでいます)

わかってはいましたが、この本を読んで再確認しました。
再確認できただけでも、読んでよかったと思っています。

今日の一言。
「目新しいことは書いてなくても、モチベーションアップにはいいですな!」


にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

読んだ本 橘玲著『得する生活』

どうもです。

あまりの寒さにトイレに行くのが面倒で、かなりギリまで我慢しているえーしーです。

最近テレビでよく「多重債務でお困りの方!」なんて呼びかけてる弁護士事務所などのCMをみかけますね。
それを見ると、「ふーん、よっぽど儲かる仕事なんだねー」なんて思ったりしてたんですが、やっぱり儲かるおいしい仕事のようです。

「借金で苦しんでいる人を、合法的な手段で助ける」という立派な大義名分はありますが、テレビCMで見てしまうとどうにも「儲け」に走っている感が否めません。

あまりにこんなことが多くなると(ってすでに多いでしょうが)、「借りれるだけ借りればいい。借りたもん得。最後には自己破産すればいい」という発想の人が増えそうで、そして真面目に働いて真面目に返している人がバカをみる世の中になりそうで(ってすでになってる??)、ちょっとイヤですねー。

そんな中、ちょうどタイムリーに橘玲著の『得する生活』を読みました。






眠気に襲われ 途中飛ばしたりもしましたが、『「黄金の羽根の拾い方」の橘玲が教える、お金のヒミツと世の中のカラクリ!』と書いてあるように、資産運用に直接は関係はないものの、世の中のお金のカラクリ等が書かれてあって、私にとってはすごく面白い本でした。

2003年に出版された本ですが、あまり古さは感じられず、最初に書いた「今の日本は、借りたもの得な世の中になってしまっている」現状も詳しく書かれていていました。

あと、非常におもしろかったのが、著者は「自分で興信所等を使って、自分のことを調べてみる」ことをしています。
個人情報がいかに簡単にお金で手に入るかがわかります。


ちなみに私はこの本、イーブックオフ
で買いました。イーブックオフ
を利用するのは人生2度目です。
2度目ですが、探している本がなくても入荷するとメールで教えてもらえたり、これからもかなり便利に使えそうです。

ちなみに私もアフィリエイトバナーを貼ってはいますがこのイーブックオフもドル箱
というポイントサイトを通して買えば、ポイントが貯まりかなりお得です。

ちなみにドル箱
といえば、ヤフオクの入札でもポイントが貯まります。

中古のものにもリサイクルのものにもポイントが貯めれるって、こういうのを知ってるのと知らないのでは少しずつ違ってきますよね。


今日の一言。
「これぞまさに『得する生活』ってか」



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ
にほんブログ村

読んだ本 破綻する家計・生き残る家計~あなたの資産を確実に守る方法~

どうもです。

1年か、それ以上前に、『節約生活のススメ』でヒットを飛ばした著・山崎えり子の別の本『節約主婦の絶対うまくいく株入門』を図書館で読んだんですけど、あまりに本の題名と内容がかけはなれていて「いかんだろう。この題名はいかん絶対いかんだろう!」と激しく思ったことがあります。

なんでこんなことを今頃書いたかというと、最近図書館で借りて今日読み終わった本がまた「この題名はいかんのじゃない?」ってな本だったからです。

その本は経済ジャーナリスト荻原博子著の『警告!!2008年破綻する家計 生き残る家計 ~あなたの資産を確実に守る方法~』です。

2008年と書かれていたので最近の本かと思いきや、2004年くらいに書かれた本で、内容の大部分が将来の不安をあおってばかりの日本の財政状況の悪さをつづっていて
「いったいいつになったら、資産を守る方法を教えてくれるのさっ」と何度も思っていると最後の最後で、ではどうすればいいか、が書かれています。

んで、どうすればいいか。
知りたい人はこの本を読んでください・・・・とは言いません。

教えちゃいます。

ずばり「貯金」です。

「借金より、投資より、貯金」だそうです。

いや、びっくりです。
いかんでしょ?こんな本の題名にしたらいかんでしょ?

もう1つ、最後に誰も言わない賢い「財産保全法」を教えてくれます。
これはさすがに、知りたい人はこの本を読んでください・・・・とは言いません。

教えちゃいます。

ずばり「家族仲良く」です。

いや、びっくりです。
いかんでしょ?やっぱりこの本の題名間違ってるでしょ?

と、ちょっとバカにしたように書いてしまいましたが、別に間違ってると思っているわけではなく、
本自体は読んでいて「ふーん」「ほほう」と私にとっては日本の経済状況のことが少しはわかり(経済状況といっても2004年の話ですけど)、
読んでよかったです。(題名はいかんだろう!とは思いますけどっ)

ま、日本の先は暗い!ってことがより現実的に実感できる感じです。
いろいろ考えさせられました。

あとはですね、2004年に書かれた本で、2008年はこうなっている!みたいなことがたくさん書かれていたので
それが当たっていたり、はずれたいたりがまた読んでいて面白かったです。

中でも、「最も心配されているのが、金利の引き上げによって、アメリカの住宅バブルがはじけるのではないか」と書かれていたのはビックリしました。
アメリカのバブルがはじけると、ドルは相当売られる。100円を越える円高になる可能性もある、と・・。
当たってます。当たってます。

あぁ、もっと早く、FXを始める前にこの本を読んでいれば!

なーんて。
FXを始める前に読んでいても、その頃の私では、なんのこっちゃ意味が全然わからなかったので、結果は間違いなく一緒だったと思います。
つーか、FXを始める前だったら、そもそもこんな本に手を伸ばしてませんねっ。

でも、わかる人にはわかってたんですねぇ。

今日の一言。
「そんくらい詳しい人に私も・・・・・なれるわけがないわねー」


にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへ

読んだ本『食い逃げされてもバイトは雇うな』、星5つ!数字にうまくなろう!

どうもです。

まず最初に、
自分で自分を応援しているだけでランキング10位以内に入れるという、かなりさびれたカテゴリーではありますが
ここ最近ずっとこの資産運用のカテゴリーで5位以内をキープしています!(いつだったかナント!1週間連続1位だったことも!)ありがとうございます!!
↓↓そんなさびれたカテゴリー資産運用ランキングはこちら。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ



さてさて、旦那が煮干を食べただけで 歯が欠けた今日この頃、
今日こそ『食い逃げされてもバイトは雇うな』(上)(下)の感想を書こうと思っている、ブログ依存症えーしーです。
(チビえーしーはすっかり元気になりました)

んで、はりきって感想を書きたいのですが、最初に借りた(下)の方をもう図書館に返してしまっているので、スラスラ読めてすごく面白かったのに内容を悲しいほどに忘れている自分が残念です。

とにかく、この本は山田さん(私と同じ76年生まれ!)の言葉をそのまんま借りて言うと、

「数字にうまくなろう!」という話です。

例えば(↓これも本の文を借りて言うと)
『テストでいうと、100点を取れるかどうかはわかりません。でも75点は取れると思います。(数字に)うまくなるコツは99%の意識と1%の知識です』

という文と

『テストでいうと満点を取れるかどうかはわかりません。でも、まあまあ取れるようになります。うまくなるコツはたくさんの意識とちょっとの知識です』

では同じ内容の文でも、数字を使っているのといないだけの違いで、人に与えるインパクト・説得力などが全然変わってきます。
こうして数字とはうまくなれば、いろんな場面で数字は「一生使える道具」になりますよー、というお話です。


下巻の方は逆に、数字というのは人に与える力が大きいから、数字に騙されないように、惑わされないようにしようというお話(だったと思います・・たぶん^^;)。

最初に私が今日の日記で書いたランキングの話。
これを読んで「ふーん、見てみようか」とクリックされた方はいらっしゃるかどうかわかりませんが、これはちょっとわざと、クリックに誘導するよう自分なりに考えてみた文章です。
別に嘘を書いたわけではありませんが、クリックしてもらおうと書いた文章なのです。
万が一クリックした方がおられましたら、私を応援とかそんなんじゃなく、クリックしたとになり私にポイントがついてランキングがあがってしまいます。

私は人気カテゴリーでランキングが上位の人は、本当に面白い(とか役に立つ)日記を書いている人達に混ざって、この応援クリックへの誘導が上手な人も混ざっていると思います(もちろんそれだけで上位に入っているわけでもなく、いろんな努力はされていると思いますが)。

その昔、まだ ただネットで日記を読むだけでわけもわかっていなかった頃、何度
続きを読むをクリックしてなぜかランキングサイトに飛ばされたり
ランキング○位の××さんは~だそうです!↓↓の文を読んで「ほう、見てみよう」と探すけど、私が見たときはもう○位じゃなく、「えーん、どこかわからないよう~」とただ応援クリックに誘導されただけ・・とか・・・。

よく考えたら、ランキング○位の××さんは~だそうです!とか言ってないで、リンクを直接貼ってくれたらいい話なんです。
明らかにクリックに誘導。
私は正直あまり好感は持てません。
でもランキングが上位なら、人はやっぱりその上位の日記から見ますよね。
でも本当に面白い(とか役に立つ)日記が上位とは限りませんよね。

話は長くなりましたが、『食い逃げ・・』の下巻は数字というのは絶対的な信頼性がある分、それを使って人を騙そうとするテクニックとしても使われるから、それを見破る目もしっかり持ちましょうという話(だったと思います・・・たぶん^^; 図書館に返してしまったのでいまいち自信はありません)


そうそう、あとマクドナルドも今大々的にキャンペーンをやっていて、夕方5時からセット+1バーガーで100円キャッシュバック!!とやっていますが、
なんかものすごい力を入れて「太っ腹!」みたいな感じに見せてやってますが、
こんなもん、はっきし言っていつもの広告のクーポン券や携帯クーポンのが割引率がいいですよね。

これも いつもより割引率が低いくせに「100円現金でキャッシュバック!」というインパクトのある言葉を使い、人を得した気分にさせる数字の罠なんじゃないでしょうか~。

為替王さんも、昔銀行の定期と投資信託のキャンペーンについて、銀行側がすごく儲かる仕組みなんだよー(罠だよー)とわかりやすく説明してくれてましたよね。
(そんなわかりやすく説明してくれた為替王さんも、数字の罠は使ってるような気もしますが)

広告でも、企業でも、投資の営業でもなんでも、自分に有利な数字しか見せない、ということが巷ではあふれかえっていると思います。

なんだか、まとまりのない文章になってしまいましたが、私もそういう数字の罠を見破れる人になりたいなーと思ったのでした。


今日の一言。
「そんなんができたら かっちょええわねー」



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへ


読んだ本『銀行にお金を預けるな』

どうもです。

旦那に「チビが幼稚園行きだしたのに、昼間何しとるんや!部屋が全然きれいになってない!」と怒られる今日この頃
何してるかって・・ブログを更新したり本を読んだりしている えーしーです。

最近やっと、旦那曰く「あの鼻の穴が真っ黒の人ね」の勝間和代さんの本「銀行にお金を預けるな」を読み終わりました。

読んでみて、途中何度も猛烈な睡魔に襲われてた自分を考えると「そんなにはおもしろくはなかった」というのが正直な感想です。
でもこの本が面白くないというよりは、この手の本はもう何冊か読んでいるので「書いてあることが似ていて目新しくない」というのが本当のところかもしれません。
もちろん人それぞれ ちょっとずつ考えは違うのですが、大きな考え方は似ていると思います。
でも個人的には読者の耳の痛いこともバシバシ言う木村剛の「投資戦略の発想法」の方が好きかな。
勝間さんは、「投資をしないと損だよ。もったいないよ。」的なことが書かれているけど、木村さんは「2年は暮らせる余裕資金なしでは投資を始める資格はない」「ヘタな投資をするくらいなら、何もせずに貯金していた方がよっぽどマシ」みたいなことはっきり言ってますけど、木村さんの方が私は正解だと思うからです。
だって、我が家のザマを見たら、やっぱ木村さんのが正解でしょう!
もちろん勝間さんも、同じ考えだから、インデックスファンドの投信を薦めてるんですけどね。
ヘタなトレードをするとなくなりますよ、って言ってますから。

分散投資、積み立て投資・・。

話をまとめると
もし月に4万円積み立てる予算があったら、

・トピックスまたは日経平均などの日本株式のインデックスファンド

・日本債権のインデックスファンド

・海外株式へのインデックスファンド

・海外債権へのインデックスファンド


にそれぞれ1万円ずつ積み立てていったらいいんでない??てなことが書かれていました。

私が積み立てているといったら、セゾン投信の5,000円のみ。
ポートフォリオがなにより大事と言われているけれと、我が家のポートフォリオは無茶苦茶です。
為替の比率が高いし、株は個別銘柄が欲しくなっちゃうし、「買いたいものが買いたい!」って感じだし。

本ばっか読んでても、実行せねばなんの意味もありません。
とかいいつつ、まだまだ読みたい本はたくさんあるのですがね。
でも本はモチベーションアップには最高です。

しかし小学生の頃は 苦痛以外のなにものでもなかった読書感想文だったけど、今 私が小学生に戻ったら、かなり熱く「お金」について語った読書感想文を書くと思われます。
先生ドン引きだろうけど。


今日の一言。
「日記ばかり書いてないで、さすがに部屋の片付けもしようと思います」



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへ

プロフィール

えーしー

Author:えーしー
どうもです。

南アフリカの政策金利はわかるのに、魚の名前はさっぱりのぐうたら主婦えーしーです。

現在子供1人(小学4年生)の3人家族。

パート勤務。

体を動かすことは大好きなくせに、家の中ではまったく動かない。

料理苦手。掃除苦手。

そんな私が資産運用をしたらどうなるのでしょう~。

基本的に運用は長期を考えています。
投資を始めたら10年後20年後、どうるのか気になりませんか?
それくらい長く続くブログにしたいです。

ランキングに参加中です。
気が向いた方は押してやって下さいね
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 為替ブログへ

カテゴリ
便利なネット銀行・住信SBIネット銀行
改悪イーバンク銀行から乗り換えました
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
フリーエリア
リンク
各国の政策金利
えーしーの利用口座その① 外為どっとコム
何がいいって1000通貨取引ができるところです。スワップの振替機能も便利です!
外為どっとコム                                                         まずはバーチャルから↓↓
えーしーの利用口座その②  ヒロセ通商
こちらも1000通貨から取引できます。そのうえ手数料無料。通貨ペア多数です。
えーしーの利用口座その③ セントラル短資
今は、資金がなくなったので私の口座は眠っておりますが使い勝手・会社の信用力抜群です!旦那がこの口座で頑張ってます。
えーしーの利用証券会社 楽天証券
2009.10月より投資信託に毎月1,000円から積み立てられる「ミニ積立」が始まりました!
えーしーの利用証券口座 SBI証券
単元未満株が買えるS株が人気です!
何か買うって?ちょっとその前に!!
ちょいお待ち!何か買おうとする時は、その前に!!オークションで同じ物がないかを探してみよう!
読みたい本があるときは・・
まずは図書館、それでもなかったらここ! ↓↓↓
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。